“小1の壁”を在宅ワークで乗り切るシングルマザー

丸山 裕子さん(29)

設計技術補助 子供と2人暮らし

私は大学院で物理を学んでいたため、その知識を活かす職場で働きたいと思い、卒業後は橋脚などの設計をしている会社に技術の補助として就職しました。
その会社は残業が多く、私がシングルマザーなのもあり、子供との時間を作りるために退職し、派遣社員として働き始めました。

子供が保育園の間はフルタイムで働いていたのですが、子供が小学校に上がり、学童が終わる時間に家にいてあげたいと思うと、フルタイムで働くのは難しくなります。
「小1の壁」について情報収集をしていたところ、「在宅ワーク」という解決策にたどり着きました。
Webのスキルを身につけて在宅ワークがしたいと思い、GeekGirlLaboのWeb制作コースを受講しました。

卒業後、お仕事をご紹介していただきました。派遣の仕事も続けていたので、1日2時間程度しか時間が取れないのですが、GeekGirlLaboの卒業生の方々と一緒に、数人でチームを組んで分担し進めました。

子供が小学校に上がり、派遣の仕事は時間を減らしたのですが、減った分は在宅ワークで補っています。
ある程度実務経験を積んだら、Web業界への転職も視野に入れていきたいです。

「粛々と」という言葉がピッタリのお仕事ぶりです! 早朝に作業されるため、コミュニケーションが取りづらいのではないかと最初は少し心配していましたが、粛々と仕上げてくださいました!