お仕事をはじめるときこんなお悩みありませんか?

  • 実際にお仕事につながるか不安・・
  • 実務経験がないと応募できる求⼈がない・・
  • ポートフォリオに乗せれる作品がすくない・・
お仕事をはじめる不安やお悩み
GeekGirlLaboの実務研修で解決しませんか?
GeekGirlLaboの実務研修は2種類

 
 
GeekGirlLaboの実務研修は2種類

VP(Virtual Project)

「VP(Virtual Project)」とは制作・開発会社が実際に過去に受注し、納品済の案件のシミュレーションをすることで、実際の案件を体験できる実務研修。

RP(Real Project)

「RP(Real Project)」とはVPにてSランク評価獲得後、プロフェッショナル認定を受けると、プロとして、実際の案件の募集に応募ができる実務研修。

RP(Real Project)

「RP(Real Project)」とはVPにてSランク評価獲得後、プロフェッショナル認定を受けると、プロとして、実際の案件の募集に応募ができる実務研修。

VP(Virtual Project)

「VP(Virtual Project)」とは制作・開発会社が実際に過去に受注し、納品済の案件のシミュレーションをすることで、実際の案件を体験できる実務研修。

VP(Vertual Project)は
コースも2種類選べる

WebクリエイターVP

Webデザイン・コーディングをメインにホームページ制作全般を⾏っていただきます。

WebエンジニアVP

Webサイト上で動作する機能の開発やシステムの設計開発を⾏っていただきます。

VPで得られる経験

ポートフォリオに⼊る!
「実務経験・実績」


就業時やお仕事獲得には実務経験や実績が必要になります。その時に必要になってくるのが⾃分のポートフォリオ(作品集)。質の⾼いポートフォリオを作ることができます。

スケジュール感を養える!
「⾒積⼒」


「これいつまでにできる?」と聞かれたときに最初のうちはなかなか正確に答えることは難しいかと思います。スケジュールを意識しながらプロジェクトを進めることで⾒積⼒を養うことができます。

Gitを使⽤!
「チーム開発」


実際の現場では、チームでお仕事をすることがほとんど。チーム開発に必須のgitを実際に使い、コミュニケーションをとりながらチーム開発を進める経験を積むことができます。

RealProject参加も!
「プロフェッショナル認定」


VP中のご様⼦をもとに評価シートを作成いたします。Sランク評価を獲得すと、「認定試験」を受けることができます。プロフェッショナル認定を受けた⽅はRPに参加することが可能となります。

VPはGeekGirlLaboオリジナル、大切な経験に!

過去受注案件

VPは過去に受注した案件のシミュレーション

VPでは、過去に受注した案件のシミュレーションを通して実際の実務を体験しながらポートフォリオの作成が可能です。ポートフォリオはその⽅の履歴書と同様⾃分の顔になり、クライアント様や⾯接企業の担当者が⾮常に参考にする可能性が⾼いため質の⾼いポートフォリオを作成することがお仕事につながる第⼀歩となるのです。

お家で

もちろんオンライン受講

VPはほかのコースと同様全てオンラインで⾏いますので、ネット環境があれば全国どこでも、お好きな時間・お好きな場所にて受講することが可能となっております。ご自宅で、スキマ時間で受講可能!

伝える⼒

やり取りのシミュレーション

クライアント役であるチューターとのやり取りは、お客様と同様にやり取りしますので実際のシミュレーションにもなります。伝えたいことを端的にまとめる力やわかりやすく伝える力がつきます。

チーム開発

受講⽣同⼠で、チーム開発

VPの受講⽣同⼠で、チームを組んで⼀つのサイトを制作していくチーム開発もあります。実際のお仕事では、ディレクターやデザイナーや開発担当者等、複数の⽅とチームを組んでお仕事をすることがほとんど。1歩踏み出した、良い経験を積むことができます。

実際に受講された先輩の声

T.Yさん(39)

DTPデザイナー

やはりテキストだけだと知識に抜けがあるなと感じました。Web制作にも色々なパターンがあり、その都度色々調べていかないといけません。
それを実際に仕事を始める前に体験できるのはすごいと思いました。VP(実務研修)でLP(Landing Page:検索結果や広告などから訪問者が最初にアクセスするページのこと。訪問者を注文やお問い合わせ等の行動に結びつけることに特化したページ。)制作をやり切り、とても自信が付きました。

R.Iさん(39)

事務職

本格的な勉強はここから始まる!という具合にとても有意義なものです。コースでは触れなかった知識を必要とする課題が盛りだくさんなので、毎回チャレンジの連続ですがweb検索などを駆使して答えを⾒つけた時には達成感があります。
VPと違いクライアント様のいる案件なのでプレッシャーは半端ありませんでしたが、参加させていただけてとても光栄でした。チームメンバーの書いたコードを参照し勉強することもできましたし、またそれ以上に、リモートで働くためのコミニュケーションスキルを学べたのがとても⼤きかったです。納品が完了した時は、ほっとしたというのが率直な感想です。

A.Wさん(36)

SE

コースを修了してすぐにVPに入りました。VPの上級編は、本当に難しく感じて、調べてもよくわからないことも多くて、へこたれそうになりました。でも受講費用を支払って取り組んできるからには、意地でもあと1か月で終わらす!という感じで取り組みました(笑)
実際の仕事では、当然もっとよくわからない場面に遭遇しましたが、実務研修のあの経験のおかげで何とか調べたり、人に聞いたり、逃げ出さずに、解決できる力がつきました!

参加費⽤、必要環境

参加費⽤※1

⼊会⾦
55,000円
(税込)

お得な継続3か月パック:
⽉額 55,000円(税込)

お得な継続6か⽉パック:
⽉額 49,500円(税込)

キャンペーン実施中!!

新規の方:入会金55,000円無料 先着10名様まで!
受講生の方:早割で入会金55,000円無料+月額30%OFF!

必要環境
Windows8以上またはMac Yosemite以上、インターネット環境
必須スキル※2

WebクリエイターVP
…HTMLコース修了レベル
WebエンジニアVP
……PHPコース修了レベル

※1:質問回数はWebクリエイターVPは⽉5回・WebエンジニアVPは⽉3回までとなります。⾜りない場合は追加質問チケットをご利⽤いただけます。
※2:他スクール受講⽣や独学の⽅も参加可能です。

早割で入会金55,000円無料
+月額30%OFF

キャンペーンで入会金
55,000円無料
(先着10名様まで)

コース名VP受講生早割月額コース
お支払金額月額38,500円(税込)

受講の前にご確認ください

受講に必要な環境

当コースの受講には、インターネット環境と、パソコンが必要となります。

受講に必要なスキル

当コースは、基本的なパソコン操作ができる前提のカリキュラムとなっております。
受講に必要なパソコンのスキルは以下の通りです。
  • ファイルを開く
  • ファイルを保存する
  • フォルダを新規作成作成する
  • フォルダをコピーする
  • フォルダ名を変更する
  • フリーソフトをダウンロード・インストールする
  • ブラウザにアドレスを入力する
  • システムにログインする
  • スクリーンショット(プリントスクリーン)を撮る・保存する
受講に必要なパソコン操作のスキルに達していないと判断した場合は、受講の継続をお断りさせていただく場合もございますのでご了承ください。

添削や回答につきまして

  • 課題のご提出やご質問は24時間可能ですが、添削やご返信は、平日9時〜18時の間に行っております。土日祝日はお休みとさせていただいております。
  • 添削や質問へのご返信は通常1営業日程度で行っておりますが、課題が集中している時などにお時間をいただく場合がございます。お急ぎの方はあらかじめチューターにお申し出ください。可能な限り対応させていただきます。
  • ご質問は専用のサイトがございますので、そちらからお願いいたします。お電話でのご質問は受け付けておりません。添削や質問の回答をしているチューターは、卒業生が担当しております(詳しくはチューター制度をご覧ください)。事務局宛にお電話をいただいても、事務所に担当のチューターはおりませんので、お電話をお繋ぎすることはできません。ご了承くださいませ。

銀行振込でお申し込み

お申し込みコース:

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ご住所 (必須)

お電話番号 (必須)

お振り込み予定日 (必須)
※お振込はお申込後3営業日以内にお願いいたします
※ご入金後、正式申込となります。お申し込みフォーム送信では、キャンペーンが適用されませんのでご注意ください。

お振り込み名義
※お申込者とお振込み名義が異なる場合にご記入ください。

フォーム送信後、自動返信メールが届きます。

5分以上経過しても自動返信メールが届かない場合、メールアドレスの入力ミス等が考えられますので、お手数ですが再度フォームの入力・送信をお願いいたします。