3児ママ×転勤族|働き続きけられるのは在宅エンジニアだから

A.Wさんさん(36)

前職:SE  家族:夫、子供3人

夫が3年サイクルの転勤族で、子供が3人いて、近くに家事育児を手伝ってくれる祖父母もいない…。
この状況になると多くの女性が仕事の継続をあきらめたり、パートなどを選択するかもしれません。

今回ご紹介する卒業生は、働き続けるためにGeekGrilLaboでエンジニアコースを受講し、PHPを身に着け在宅エンジニアとして活躍されています。

♦受講のきっかけは何ですか?

大学を卒業後、Javaを使った銀行系のシステムを作るSEとして勤務していました。
転勤族の夫と結婚し、出産後は子供の預け先もないため、同じ土地でフルタイムの仕事につくことが難しくなり、比較的自由な働き方ができ、在宅でできる案件の多いPHPの技術を身につけたいと思い受講を決めました。

♦受講コース、受講期間は?

受講したのはエンジニアコースで、コースを修了してすぐにVPに入りました。私の場合基礎力はコースで十分につきました。3ヶ月でエンジニアコースと開発のVP(2案件)。その後WordPressコースを追加受講し、VP(1案件)を1か月受講しました。

♦卒業後のお仕事について教えてください。

卒業後、末っ子が1歳の時に在宅で開発メインの仕事を始めました。仕事では開発のVPで培った技術や忍耐、継続、かなり役にたちました!
VP上級編は、本当に難しく感じて、調べてもよくわからないことも多くて、へこたれそうになりました。でも受講費用を支払って取り組んできるからには意地でもあと1か月で終わらす!という感じで取り組みました(笑)
でも実際の仕事は、当然もっとよくわからない場面に遭遇しましたが、VPのあの経験のおかげで何とか調べたり、人に聞いたり、逃げ出さずに、解決できる力がつきました!

♦家事育児とのバランスはどうですか?

子どもが寝ている時間や早朝、夜間など、時間の捻出が大変ですが、主婦時代とは違う、社会に貢献できているかなと思うやりがいを感じています。ただ在宅での開発だと、結局週末や夜間に気になって、作業をしてしまうことが課題です。
今AI分野の勉強を始めました。技術力を高めて、より自分が理想とするワークライフバランスを実現していきたいと思っています。

♦最後に、受講生やこれから勉強を始める方にメッセージをお願いします!

VPを終えて、いろいろな求人サイトを見ると、技術的にこれなら出来そう、これはちょっと難しいかなという判断がつけるようになりました。実際にリモートワーク求人がたくさんあるなという実感もあります。エンジニアコースでしっかり学んでVPをしっかり制覇できれば在宅での仕事までの道筋は見えてきます。大変でも諦めずに頑張ってください!

3人のお子様を育てながら時間を捻出して受講され、地方住まいでありながらリモートで都内の企業のお仕事を手に入れられました。そして仕事・子育てとの理想のバランスを目指しさらなるスキルアップも目指すAWさん。現在GeekGirlLboのエンジニアコースのチューターもお引き受けいただいています。AWさんのインタビュー動画も是非ご覧ください。