• こんなにもあるWEBの仕事。ママの在宅ワークにおすすめのものは?

    pcに向かう女性

    WEBの仕事の種類は?

    WEBの仕事ってHP制作かプログラミング?

    そんなイメージを持っている方が多いと思います。

    そこで、本日はWEBスキルを身に着けてできる仕事について紹介していきたいと思います。

    まずは一覧から。

    ①マークアップエンジニア(コーダー)
    ②WEBデザイナー
    ③WEBディレクター
    ④WEBマーケター
    ⑤フロントエンジニア
    ⑥バックエンドエンジニア
    ⑦WEB担当
    ⑧WEBライター

    大きくわけるとこんな感じです。

    職種別に詳しく紹介

    それぞれ簡単に仕事内容を説明していきます。

    ①マークアップエンジニア(コーダー)
    HTMLという言語を使って、デザイナーがデザインしたものをサイト上で動作・閲覧できるようにする仕事です。
    HTML/CSSを使ったコーディングの他にサイトに動きをつけるJavaScript(JQuery)が出来ると受けられる仕事の幅が広がります。

    ②WEBデザイナー
    PhotshopやIllustratorなどのグラフィックソフトを使用して、サイトをデザインしていきます。ページデザインの他に、バナー作成などの案件も多くあります。また、コーディングが出来るデザイナーも増えています。

    ③WEBディレクター
    お客さまとのやり取りからサイトの設計、コーダーやデザイナー、プログラマーへの指示や制作物のチェックなど業務は多岐にわたります。お客様の要望を引き出したり、チームを円滑に回す役割があるので、コミュニケーションが得意な方におススメの仕事です。

    ④WEBマーケター
    自社サイトへの集客を行ないます。大きく分けると、SEOマーケターというGoogle検索などで上位表示させるための施策を行なう方や、WEB広告運用のマーケター、SNS集客のマーケターなど非常に幅広いです。

    ⑤フロントエンドエンジニア
    マークアップエンジニアの仕事に加え、JavaScriptやPHPなども使ってWEBサイトの見た目を作っていきます。

    ⑥バックエンドエンジニア
    プログラムの開発からWebサーバー、データベースの処理など、ユーザーの目には触れない部分を担当します。

    ⑦WEB担当
    企業のWEBに関する部分全般を担当する仕事です。WEBサイトの更新をするお仕事から、サイト・バナー等の制作や修正、集客までする方もいたり、企業によって担当範囲は異なります。

    ⑧WEBライター
    主にWEBメディアのコンテンツ記事を書く仕事です。WordPressの基礎知識やSEOライティングの知識も必要になるケースも多いです。在宅でできる副業に向いています。

    このように、WEBの仕事と言っても多岐にわたります。

    また、仕事や家事等あまり時間がない中で受講を検討している方も多いかと思います。
    事前に自分が何の仕事をしたいのかの目標を定めて学習すると、効率よく進めていけます。

    業界やお仕事につてのリサーチもしておくと、尚GOODです!

    ママにおすすめの職種はこれ!

    色々あるWEBの仕事の中でも、特にママにおすすめしたいものを詳しく紹介していきます!

    1 .マークアップエンジニア+α

    HTML/CSSコーディングスキルを身に着けて、HPやLPコーディングなどができるようになると、ココナラやクラウドソーシング、SNS等を使って仕事を獲得することができるようになります。ただ、HTML/CSSのみだとできる方がたくさんいるのも現実。

    他の方と差別化して安定的に収入を得るためにはコーディングスキル+αのスキルを身に着けることをおすすめします。

    例えば、WordPress。WordPressとはブログには欠かせないCMSツールなのですが、コーディングしたものをWordPressにできるスキル、また、WordPressサイトをカスタマイズができると需要が増えます。
    また、WEBサイト作成に必要なJavaScriptやjQueryも書くことができると重宝され、いずれ転職することも。
    また、簡単なデザインやデザインの理論についてのスキルがあると、LP制作お仕事をクライアントから直接受けることもできます。

    【おすすめコース】
    WEBデザイン制作コース
    学び放題コース
    オリジナルコース …事務局までご相談ください。

    2.WEBディレクター

    WEB制作の柱であるディレクターは、コミュニケーションが好きでいずれしっかり生計を立てたいという方におススメです。
    幅広い基礎知識(ディレクション、コーディング、デザイン理論等)が必要なので、習得には少々時間がかかりますが、ディレクションができると、WEBサイトを作りたい、リニューアルしたいという方から直で仕事を受けることが出来ます。デザインやコーディング等に関しては、全て自分で行なう方もいますが、他のデザイナー等に依頼する方も多いです。これらのスキルの他にお客さまへの提案力も必要です。

    【おすすめコース】
    フリーランスコース
    WEBクリエイタープロフェッショナルコース
    学び放題コース

    3.WEB担当

    IT企業以外の企業でWEBの更新業務等を引き受ける仕事です。小さな企業など、自社で採用するよりも委託したいという企業もあり、業務委託契約等で在宅で仕事を引き受けることも可能です。
    WEBページの更新作業、WEBページ修正、マーケティング、WEBに来る問合せ対応など企業によって任される業務内容は違うので、幅広いスキルを持っておく方が仕事に繋がる可能性は高くなります。

    【おすすめコース】
    在宅ワークセットコース
    学び放題コース

    以上、お子様がいてなかなかフルタイム就職は難しいというママにおすすめの3つの職種を紹介しました!
    もっと詳しく業務内容が知りたいという方、是非個別相談会もしくはLINEでご相談くださいね!
    LINEの友だち登録はこちらから
    https://lin.ee/gB6eIiI

     

    自由自在にコース変更可!学び放題コースはこちら

    The following two tabs change content below.
    nakajima

    nakajima

    5歳と2歳の2女の子のママ。GeekGirlLabo在宅ワークコース卒業生です。在宅でWEB担当、GGL受講生サポートのお仕事をしています。 まだまだ勉強したいことがたくさん。夢に向かってスキルアップ頑張ります!